組織紹介 IPBA上海大会開催のお知らせ 顧問(前会長)メッセージ 日本IPBAの会会長メッセージ Japan Fundについて IPBA公式サイト

会長からの2020年上海年次総会へのメッセージ


国谷会長国谷史朗(Shiro Kuniya)

第21代IPBA会長(2011年4月~2012年4月)

日本IPBAの会会長

弁護士法人大江橋法律事務所

環太平洋、アジアの時代を迎えています。そのような時代の流れの中で、IPBAは弁護士の国際的組織としてさらに大きな役割を担っていくことになります。

 

シンガポール支部の設立と関西支部の活動

2014年11月3日に、シンガポールで活躍中の日本人弁護士を中心に日本IPBAの会シンガポール支部が設立されました。初代支部長には前日本IPBAの会会長の原壽会員が選任されました。現支部長は小松岳志、副支部長として前田敦利、下野健、福井信雄、宇野伸太郎の4名の会員が活動されています。支部では定期的に会合やゴルフ大会が開催され、シンガポールにおけるネットワークを広げています。

関西支部は設立以来活発に活動しています。現支部長の児玉実史、副支部長として小林和弘、中務正裕、黒田愛、豊島ひろ江、藤本一郎の5名の会員が活動の中心となっています。IPBA年次総会の世界各国でのプロモーションの一環として、毎年開催国のホストコミッティーの委員長が大阪を訪れ、関西支部のメンバーとの交流を深めています。本年は2019シンガポール大会のホストコミッティーの委員長であるFrancis Xavier弁護士と2020上海大会のホストコミッティーの委員長であるLi Zhiqiang(Jack Li)弁護士が参加されました。

APECとの友好協定(Friendship Agreement)に基づく活動

IPBAは2011年のIPBA京都/大阪大会においてAPEC(Asia-Pacific Economic Cooperation)と友好協定を締結しました。この協定に基づいて、2012年8月には、サンクトペテルブルグで行われたAPECセッションにIPBA代表として日本IPBAの会のAPEC委員会副委員長の石黒美幸弁護士・石本茂彦弁護士及び私を含む5人の弁護士が参加しました。このセッションは、APEC対象地域をより活性化させるために不可欠な、ベンチャー企業を含む中小企業(Small and Medium Enterprise/SME)の海外展開についてのセッションでした。日本の経済産業省、中小企業庁からも代表が参加されており、IPBAにも、各国、地域の代表と並んで発言の機会が与えられました。

2013年IPBAソウル大会においては、APECの中小企業を担当するセッションの議長であるタイの代表がゲストスピーカーとして参加されました。日本弁護士連合会の中小企業の海外展開を推進するワーキンググループの代表として、武藤佳昭弁護士もスピーカーとして参加されました。APECの関係では、外務省、経済産業省、一般社団法人日本経済団体連合会(Keidanren)のAPEC担当部会などとも協力して活動していきたいと考えております。また、APECの要請により、2013年3月には、マニラで行われたAPECのSMEのセッションに、日本IPBAの会のAPEC委員会からスピーカーとして石本弁護士と中山達樹弁護士が参加されました。

2014年5月のカナダ・バンクーバーでの年次大会においては、APEC特別委員会と国際取引委員会(International Trade Committee)とのジョイントセッションが開催されました。セッションにおいては、石本弁護士がモデレーターを勤め、APECが重視してきたアジア太平洋地域における投資活動などにおけるsustainability(経済、投資などにおける持続可能性の創造、維持、発展への寄与)について、APEC委員会から説明・報告するとともに、国際投資委員会、知的所有権委員会からも意見が発表されました。2014年はAPEC中国年であり、IPBAの中国代表理事のAudrey Chen弁護士もスピーカーとして参加されました。

APEC委員会は、その後IPBAの正式委員会となり、委員長職は、私から、石本弁護士に引き継がれ、IPBAの年次大会でのセッション、APECのその年のホスト国での特別セッションなどを開催してきています。

2020上海大会

第30回大会となる2020年のIPBA年次大会は、4月20日(月曜日)から4月23日(木曜日)まで上海で開催されます。2007年の北京大会以来の中国本土での大会です。

中国は今やGDPで世界第2位の経済大国です。上海は中国最大の都市であると共に経済の中心でもあります。会場であるShanghai International Convention Centreは浦東空港がある浦東側に位置し、金融街の中心部にも近い立地です。金融街や対岸の浦西地域には、数でマンハッタンを凌ぐ超高層ビルが林立し、中国の勢いが感じられます。数十階建てのマンションが数限りなく建ち並び、浦西と浦東は多くのトンネルや橋で連結され車の往来が絶えません。IPBA上海ホストコミッティー作成のホームページのビデオでは、上海の今を映し出すロボットなどの先端技術、世界一の規模を誇るコンテナヤードを抱える上海港、現代中国ファッション、数千年の歴史に現代的要素を入れつつある食文化、日本を遥かに凌ぐ規模で全国に張り巡らされた新幹線の様子などが紹介されています。百聞は一見に如かず。上海を訪れれば、圧倒的な経済力、人の流れ、ユニクロ、無印、コンビニエンスストア、日本食など日本文化の浸透度合い、夜色鮮やかなネオンで飾られる高層ビル群の独特な雰囲気と迫力を体験することができます。

One Belt One Road(一帯一路)構想で、再び世界の中心となろうとする中国の意気込み、街中に貼られた政治スローガンの数々など実際に訪れてみないと十分認識できないことも多々あります。毎年急速に増え続ける弁護士(律師)が現地でどのように活躍しているのかを見ることで、法曹界と中国政府との関係を実感することもできます。

 

参加登録

2012年インド大会の日本からの参加者は約150名、2013年韓国ソウル大会は約170名、2014年バンクーバーは約80名、2015念香港大会は約130名、2016年クアラルンプール大会は119名、2017年オークランド大会は96名、2018年マニラ大会は約115名でした。2015年香港大会での各国からの参加者数は合計約1,100名、2016年クアラルンプール大会は約950名、2017年オークランド大会は約800名、2018年マニラ大会は1,026名でした。シンガポール大会には約1,250名が参加、日本からの参加数は約150名でした。上海でも、多くの参加が見込まれます。早期登録と若手会員割引も用意しています。

上海大会のプログラム

上海大会のテーマはGlobal Rules Reform – the Opportunities and Challenges for Legal Industry(世界的ルールの改正-法務関係分野(産業)での機会とチャレンジ)です。このテーマには、経済大国であると共に世界最先端の科学技術を有しつつある中国がIoT、人工知能(AI)、フィンテック(FinTech)、ロボット、ドローン、自動運転、人工衛星を利用した各種ビジネス、5Gを利用した高速通信、などの分野でも主導権を握ろうという意気込みが感じられ、また、One Belt One Road(一帯一路)に見られる中国を中心として世界の方向性を決めていくという政策の中で、法律家がどのように機会を与えられ、またチャレンジしていくのかという問いかけでもあります。米国と中国とのせめぎ合いはこれからも続き、日本を含むその他の地域もその影響を無視することはできません。

国際投資委員会(Cross-Border Investment Committee)、紛争解決仲裁委員会(Dispute Resolution and Arbitration Committee)をはじめとする23の委員会による数多くの充実したセッションが皆さんを待っています。ビジネスロイヤーにとってこの機会を見逃すことはできません。

日本のIPBAの会員は、いくつかのCommitteeの委員長、副委員長を務め、また日本からスピーカーとして参加する弁護士も少なくありません。環太平洋、アジア地域で活躍する一流のビジネスロイヤーが一堂に会して専門的な分野で最新の情報を紹介し、議論を展開する上海大会は、国際舞台で自らを成長させるまたとない機会です。

上海の楽しみとSocial Event

上記のようなセッションに加え、上海のホストコミッティーは、歴史があり活気溢れる上海を十二分に楽しめるイベントを企画しています。中国五千年の歴史を体感し、現在最もダイナミックな都市といわれている上海の文化、食、ファッションなどを満喫しましょう。新幹線を利用して周辺地域にも足を延ばせます。

一人でも多くの皆さんが、日本から上海大会に参加されることを切望しています。