組織紹介 IPBAシンガポール大会開催のお知らせ 顧問(前会長)メッセージ 日本IPBAの会会長メッセージ Japan Fundについて IPBA公式サイト

会長からの2019シンガポール年次総会へのメッセージ


国谷会長国谷史朗(Shiro Kuniya)

第21代IPBA会長(2011年4月~2012年4月)

日本IPBAの会会長

弁護士法人大江橋法律事務所

環太平洋、アジアの時代を迎えています。そのような時代の流れの中で、IPBAは弁護士の国際的組織としてさらに大きな役割を担っていくことになります。

 

シンガポール支部の設立と関西支部の活動

2014年11月3日に、シンガポールで活躍中の日本人弁護士を中心に日本IPBAの会シンガポール支部が設立されました。初代支部長には前日本IPBAの会会長の原壽、副支部長として武川丈士、前田敦利、小松岳志、久保光太郎、下野健、花水康、福井信雄、藤本一郎の8名の会員が選任されました。定期的に会合やゴルフ大会が開催され、シンガポールにおけるネットワークを広げています。

関西支部は設立以来活発に活動しており、IPBA年次総会の世界各国でのプロモーションの一環として、毎年開催国のホストコミッティーの委員長が大阪を訪れ、関西支部のメンバーとの交流を深めています。本年はマニラ大会のホストコミッティーの委員長であるPerry Pe弁護士が参加されました。

APECとの友好協定(Friendship Agreement)に基づく活動

IPBAは2011年のIPBA京都/大阪大会においてAPEC(Asia-Pacific Economic Cooperation)と友好協定を締結しました。この協定に基づいて、2012年8月には、サンクトペテルブルグで行われたAPECセッションにIPBA代表として日本IPBAの会のAPEC委員会副委員長の石黒美幸弁護士・石本茂彦弁護士及び私を含む5人の弁護士が参加しました。このセッションは、APEC対象地域をより活性化させるために不可欠な、ベンチャー企業を含む中小企業(Small and Medium Enterprise/SME)の海外展開についてのセッションでした。日本の経済産業省、中小企業庁からも代表が参加されており、IPBAにも、各国、地域の代表と並んで発言の機会が与えられました。

2013年IPBAソウル大会においては、APECの中小企業を担当するセッションの議長であるタイの代表がゲストスピーカーとして参加されました。日本弁護士連合会の中小企業の海外展開を推進するワーキンググループの代表として、武藤佳昭弁護士もスピーカーとして参加されました。APECの関係では、外務省、経済産業省、一般社団法人日本経済団体連合会(Keidanren)のAPEC担当部会などとも協力して活動していきたいと考えております。また、APECの要請により、2013年3月には、マニラで行われたAPECのSMEのセッションに、日本IPBAの会のAPEC委員会からスピーカーとして石本弁護士と中山達樹弁護士が参加されました。

2014年5月のカナダ・バンクーバーでの年次大会においては、APEC特別委員会と国際取引委員会(International Trade Committee)とのジョイントセッションが開催されました。セッションにおいては、石本弁護士がモデレーターを勤め、APECが重視してきたアジア太平洋地域における投資活動などにおけるsustainability(経済、投資などにおける持続可能性の創造、維持、発展への寄与)について、APEC委員会から説明・報告するとともに、国際投資委員会、知的所有権委員会からも意見が発表されました。2014年はAPEC中国年であり、IPBAの中国代表理事のAudrey Chen弁護士もスピーカーとして参加されました。

APEC委員会は、その後IPBAの正式委員会となり、委員長職は、私から、石本茂彦弁護士に引き継がれ、IPBAの年次大会でのセッション、APECのその年のホスト国での特別セッションなどを開催してきています。

2019シンガポール大会

第29回大会となる2019年のIPBA年次大会は、4月25日(木曜日)から4月27日(土曜日)までシンガポールで開催されます。

シンガポールの国土面積は世界175位で東京23区とほぼ同じ大きさですが、人口は約600万人、人口密度はモナコ公国に次いで世界第2位、一人当たりの国民総所得は世界有数、総合的な世界都市ランキングでは、ロンドン、ニューヨーク、パリ、東京と常にランクを争う国際競争力が非常に強い国です。世界有数の金融センターであると同時に、高度な研究開発機関の誘致にも成功し、シンガポール国際仲裁センター(SIAC)の取り扱い件数は、年々飛躍的に増加し、アジアにおける紛争解決センターの中心的地位を占めるに至っています。
日本IPBAの会のシンガポール支部が設立されたことに象徴されていますが、シンガポールに駐在し活躍している日本の弁護士は年々増加してもきており、研修中の弁護士を含めれば、50人をはるかに超えています。2010年のIPBAシンガポール大会が開催されたマリーナ・ベイ・サンズは、3棟の高層ビルを屋上プールが連結するユニークなデザインで、国際的な統合リゾート(IR)の模範となっています。

参加登録

2012年インド大会の日本からの参加者は約150名、2013年韓国ソウル大会は約170名、2014年バンクーバーは約80名、2015念香港大会は約130名、2016年クアラルンプール大会は119名、2017年オークランド大会は96名、2018年マニラ大会は約115名でした。2015年香港大会での各国からの参加者数は合計約1,100名、2016年クアラルンプール大会は約950名、2017年オークランド大会は約800名、2018年マニラ大会は1,026名でした。シンガポール大会には1,000名を超える登録が見込まれます。早期登録と若手会員割引も用意しています。

プログラム

シンガポール大会のテーマは、
Technology, Business and Law-Global Perspectives(技術、ビジネスと法―グローバルな視点から)です。
すべてのものがインターネットに繋がるIoT、人口知能(AI)、フィンテック(FinTech)、ロボット、ドローン、自動運転、人口衛星を利用した各種ビジネス、再生医療など、技術の進化に伴い、ビジネスは大きく変容しつつあります。技術とビジネスの融合にどのように法規制が関連していくのか、弁護士業務の将来が試される時代になっています。世界で最も活気があり、高度な人材が集積するシンガポールは、グローバルな視点からビジネスと技術、法律の関係を議論するのにふさわしい場所と言えます。

国際投資委員会(Cross-Border Investment Committee)、紛争解決仲裁委員会(Dispute Resolution and Arbitration Committee)をはじめとする23の委員会が単独、共同で主催する数多くの充実したセッションが行われます。

日本のIPBAの会員は、いくつかのCommitteeの委員長、副委員長を務め、また日本からスピーカーとして参加する弁護士も少なくありません。環太平洋、アジア地域で活躍する一流のビジネスロイヤーが一堂に会して専門的な分野で最新の情報を紹介し、議論を展開するシンガポール大会は、国際舞台で自らを成長させるまたとない機会です。

シンガポールの楽しみとSocial Event

上記のようなセッションに加えて、シンガポールのHost Committeeは、活気あふれるシンガポールを十分に楽しめるイベントを企画しています。きれいな海と豊かな自然を満喫できると日本人に大変人気のある近隣諸国にも足を延ばせます。

一人でも多くの皆さんが、日本からシンガポール大会に参加されることを切望しています。